編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

10BASE-F

用語の解説

10BASE-Fとは

(10BASE-F)

 IEEE 802.3jで規定される、光ファイバーを使う転送速度10MbpsのEthernet規格。

 ネットワークトポロジーはハブを中心としたスター型で、機器間はマルチモード光ファイバーで接続する。 最大セグメント長は2kmと長く、Ethernetのハブ間を接続する用途を想定している。

 10BASE-Fは、10BASE-FP(Passive)、10BASE-FB(Backbone)、10BASE-FL(Link)の3種類の規格からなる。 10BASE-FLはもともと、FOIRLというリピータ間を接続するLAN規格の後継として開発され、FOIRLと互換性がある。 10BASE-FBはバックボーン接続用の規格、10BASE-FPはパッシブハブ用の規格である。 これら3つの規格の間には機器の互換性はない。

 光ファイバーを使うため、電磁ノイズに強く伝送距離が長いという特性があるが、逆に言えばそれくらいしかメリットがなく、転送速度などは銅線を利用する他の10BASE規格と同じなため、あまり普及しなかった。 中でも、10BASE-FL以外は用途が特殊で製品も少なく、ほとんど利用されなかった。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]