編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

10BASE-T

用語の解説

10BASE-Tとは

(テンベースティー)
10BASE-Tとは、IEEE802.3iで標準化された、Ethernet規格である。
ツイステッドペアケーブルを用い、ハブを介して各機器を接続するスター型LANとして構成される。 10BASE-Tの伝送速度は最大10Mbps、最長伝送距離は100メートルとなっている。 ケーブルのコネクタにはモジュラージャックが採用されており、容易にネットワークポートとケーブルとを接続することができる。 このため、10BASE-Tは大規模LANにも一般にも普及した規格となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]