編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

10Gigabit Ethernet

用語の解説

10Gigabit Ethernetとは

(10GigabitEthernet)

 通信速度10GbpsのEthernet規格。

 CSMA/CDにこだわることを止め、物理層によって複数の方式を用意することによって、最大40kmの長距離伝送を可能とし、LANだけでなくMAN(メトロポリタンエリアネットワーク)やWANでの利用も視野に入れている。

 また、Fast EthernetやGigabit Ethernetとの互換性から、SONETやATMに比べて導入・維持に必要なコストが低く抑えられるという。

 10Gigabit Ethernetの標準仕様はIEEE 802.3aeで、2002年6月にIEEEで標準仕様として採択されたが、それ以前からIEEE 802.3aeに部分的に準拠した製品は発表されている。

 なお、標準化を支援する業界団体として、3Com社やCisco社、Intel社などが中心となって10GEA(10Gigabit Ethernet Alliance)が結成されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]