編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

133MHzシステムバス

用語の解説

133MHzシステムバスとは

(133MHzシステムバス)

 CPUとチップセットを結ぶバスのうち、クロック周波数が133MHzのもの。

「133MHz FSB」も同じ意味。 Intel社のPentium IIIなどで使用されている。 AMD社のAthlonなどで採用されている266MHzシステムバスは実際は133MHz駆動である。 「266MHz」タイプでは1クロックあたり立ち上がりと立ち下がりの2タイミングでデータ転送を行い、転送速度を2倍にしている。 また、Intel社のPentium 4が採用する533MHzシステムバスも133MHz駆動で、立ち上がりと立ち下がりのそれぞれについて、開始タイミングと終了タイミングの両方で同期してデータ転送を行い、転送速度を4倍にしている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]