編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

144ピンSO-DIMM

用語の解説

144ピンSO-DIMMとは

(ヒャクヨンジュウヨンピンエスオーディム,144-pin SO-DIMM,)
144ピンSO-DIMMとは、ノートパソコン向けに小型化されたDIMMソケットの規格であるSO-DIMMのソケット形状のひとつで、基板とソケットを144本の端子で接続するもののことである。
144ピンSO-DIMMは、主にSDRAMの接続に用いられている。 その際、クロック周波数が異なるPC100、PC133のいずれにも用いることが可能である。 ただしSDRAMの中でもDDR SDRAMには、200ピンのSO-DIMMが用いられるため、互換性を保っていない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]