編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

16ビットパソコン

用語の解説

16ビットパソコンとは

(16ビットパソコン)

 情報を一度に16ビットずつ処理するように設計されたパソコン。

それ以前に主流だった8ビットパソコンに比べ、他の条件が同じなら単純に2倍の処理速度である。 具体的には、CPUの内部データバスが16ビットになっている。 データバスとは一度に転送できるデータの量を表すもので、単純に考えてCPUのデータバスが高いほど性能がよいパソコンだと言える。 1980年代に主流になったパソコンで、IBM社のPC/ATやその互換機、NECのPC-9800シリーズの初期の諸機種は16ビットパソコンであった。 Microsoft社のMS-DOSやWindows 3.1などは16ビットパソコン向けに開発されたOSである。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]