編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

1CCD

用語の解説

1CCDとは

(1CCD)

 CCDの方式の一つで、個々のCCD素子に単色のフィルタをかけて一つの色の強さだけ検知し、周囲の素子の信号と総合して色情報を得る方式。

 CCDは光の強弱を検知するセンサーで、色を識別することはできない。 このため、個々のCCD素子にあらかじめ単色のフィルタをかけておき、別の色を受け持っている隣り合ういくつかの素子の信号と総合して色信号を得るのが1CCD方式である。

 フィルタには光の3原色(RGB:赤・緑・青)、もしくはその補色(CMY:シアン・マゼンタ・イエロー)が使われる。 前者を原色系フィルタ、後者を補色系フィルタという。 3つの補色に可視領域の広い緑を加えて4色にフィルタリングする方式もある。

 最近では、CCDを3面用意して、プリズムで分解した3原色をそれぞれの面で受光する3CCD方式が登場している。 こちらのほうが1CCD方式よりも高価だが、再現性の高い画像が得られる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]