編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

1xEV-DV

用語の解説

1xEV-DVとは

(イチエックスイーブイディーブイ,CDMA2000 1xEV-DV,)
1xEV-DVとは、通信事業者の国際的業界団体であるCDGによって開発された「CDMA 2000」規格に含まれる「CDMA2000 1x」(1x)規格の拡張仕様で、音声通話とデータ通信との両方をカバーする発展的仕様のことである。
CDMA2000は、1.25幅の拡散帯域幅を用いて通信する1xが標準的な仕様とされる。 1xの中でも複数のキャリアを組み合わせて使用するマルチキャリア(Multi Carrier)モードを備えたものが「1xMC」と呼ばれる。 1xMCを改良した「1xEV」という仕様があり、その中でもデータ通信への対応によって「1xEV-DV」と「1xEV-DO」に分かれる。 1xEV-DVは音声通信とデータ通信の両方に対応する仕様で、データ通信は平均1.2Mbps、最大5.2Mbpsのパケット通信が可能で、QoS(Quality of Service)に対応する。 仕様は複数の方式が提出されており、MotorolaやNokiaが提案する「1XTREME」や、中国のCWTS(China Wireless Telecommunication Standard group)などが策定検討されている。 1xEVの中には1xEV-DVのほかに「1xEV-DO」と呼ばれる方式がある。 こちらはデータ通信に特化した仕様で、最高2.4Mbpsの高速パケット通信が可能である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]