編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

3次元Y/C分離

用語の解説

3次元Y/C分離とは

(3ジゲンY/Cブンリ)

 映像信号から輝度信号(Y)と色信号(C)を分離する際に、前後の走査線の相関と前後のフレームの同じラインの走査線の相関を利用する方式。

また、そのための電子回路。

 テレビ放送などの映像信号は伝送効率を上げるために輝度信号(Y)と色信号(C)が合成されたコンポジット信号が利用されているが、受像機で表示する際にはこれを分離して映像を再現することになる。 この分離の精度が低いと画面に色にじみや輪郭のざらつき、点(ドット)状のノイズが生じる。 初期には単純に周波数成分で信号を分離する1次元Y/C分離が使われてきたが、走査線が1ラインごとに位相が反転することを利用して、上下のラインとの信号の比較によりYとCを分離する2次元Y/C分離が開発された。

 3次元Y/C分離ではこれに加えて時間軸を利用し、前後のフレームの同じ位置にあるラインの信号と比較を行なうことにより、より精度良く信号の分離を行なう。 ただし、この方式では前後のフレームで画像が大きく異なる動きの激しい映像やシーンの切り替わりなどでは検討はずれの信号を取り出してしまうため、前後であまりに画像が異なる場合は時間軸方向の比較は行なわず2次元Y/C分離に切り替えるという「動き適応3次元Y/C分離」として実装されている場合が多い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]