編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

32ビットカラー

用語の解説

32ビットカラーとは

(サンジュウニビットカラー,32-bit colors,)
32ビットカラーとは、ディスプレイ上に再現できる色数のバリエーションのひとつで、画素 1ピクセルについて32ビットの色情報を付与するものである。
最大 16,777,216色を同時に表示することが可能である。 32ビットカラーでは、赤(R)・緑(G)・青(B)の3色それぞれが8ビット・256階調で表現される。 そのため色表現は24ビットカラーと変わらない。 32ビットカラーで余った8ビットは、透明度の表現など様々に用いられるほか、実際には用いられないダミーデータとなる場合もある。 この256階調の色情報をもつデータは、トゥルーカラーと呼ばれることもある。 その際、場合によっては「24ビットカラーがフルカラーと呼ばれ、32ビットカラーはトゥルーカラーと呼ばれる」とか、両者はどちらも同じくフルカラーでありトゥルーカラーでもあるとか、様々な見解がある。 定見は現状では存在しない。 これに対して、最大65,536色まで表示可能であるものはハイカラーと呼ばれる。 Windowsなどでは画面表示をトゥルーカラーとハイカラーとで切り替えることが可能である。 設定方法としては、Windowsのコントロールパネルで「画面」アイコンをクリックし、「画面のプロパティ」の「設定」タブを選択すればよい。 ちなみに、フルカラーが扱うことのできる色数はすでに人間の目が識別できる限度を超えているが、まれに10億色以上を扱う業務用の機器も存在する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]