編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

32ビットパソコン

用語の解説

32ビットパソコンとは

(32ビットパソコン)

 32ビットマイクロプロセッサを搭載したパソコンのこと。

 現在主力のパソコン向けマイクロプロセッサであるIntel社のPentium III/4シリーズ、Celeronシリーズや、AMD社のAthlonシリーズ、Duronシリーズ、あるいは他社の互換プロセッサ、Apple社のパソコンに搭載されいてるPowerPCシリーズなどはすべて32ビットマイクロプロセッサであるため、現在販売されているパソコンはほとんどが32ビットパソコンである。

 32ビットパソコンでは32ビットアプリケーションのほか、16ビットアプリケーションなど、下位レベルのアプリケーションソフトも、OSが対応する範囲で実行させることができる。 しかし、逆に32ビットパソコンでは64ビットアプリケーションを扱うことはできない。

 x86系のマイクロプロセッサが32ビット化したのはIntel社のi386からのため、i386以降のマイクロプロセッサを搭載したパソコンはすべて32ビットパソコンとなる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]