編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

3270エミュレータ

用語の解説

3270エミュレータとは

(3270エミュレータ)

 パソコンなどでIBM社のメインフレームを操作できるようにするソフトウェア。

同社製メインフレームを操作する端末の3270シリーズの動作を模倣(エミュレート)し、3270端末がなくてもパソコン等で代用できるようにするアプリケーションソフトのこと。 大企業などでは今もIBMメインフレームを使用していることが多く、メインフレームを制御する端末として3270端末をパソコン上の3270エミュレータで置き換え、コスト削減をはかることがある。 3270エミュレータが動作している端末がSNAに接続していない場合は、3270エミュレータはSNAに接続したゲートウェイサーバを介して通信を行なう。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]