編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

3Dグラス

用語の解説

3Dグラスとは

(3Dグラス)

 「ステレオグラフィックス」と呼ばれる立体画像を実現する眼鏡。

「3Dゴーグル」「ステレオスコープ」(Stereoscopic Display)などとも呼ばれる。

 ステレオグラフィックスとは、両眼の視差を利用して、視点が僅かに異なる2つの画像を専用の眼鏡で両眼に個別に見せることで立体画像を表現する方式。 パソコン上で立体画像を実現する方法には、主に「ステレオペア方式」と「シャッターグラス方式」の2つの方式がある。

 ステレオペア方式は、両眼に常時異なる映像を見せることにより立体画像を見せる方法で、通常のディスプレイで実現させることも可能ではあるが、3Dグラスに液晶ディスプレイを組み込んだ「ヘッドマウントディスプレイ」タイプのものが多い。

 また、シャッターグラス方式は、ディスプレイへの出力と3Dグラスに備えられたシャッターとを同期させ、右目向けの画像と左眼向けの画像とを高速に切り替え、左右両眼は右目向けの画像、あるいは左眼向けの画像のみを見ることで立体画像を実現している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]