編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

3Dグラフィックスアクセラレータ

用語の解説

3Dグラフィックスアクセラレータとは

(3Dグラフィックスアクセラレータ)

 3次元グラフィックス処理をCPUにかわって行い、動作速度を向上させるビデオチップ、あるいはこのようなビデオチップを搭載したビデオカードのこと。

 Voodoo/Voodoo2など一部の特殊なカードを除くすべての3Dグラフィックスアクセラレータは2Dのアクセラレーション機能も持っている。 また、現在販売されているビデオカード(およびチップセット内蔵のアクセラレータ)はすべて3Dのアクセラレーション機能を持っているため、現在は「3D」を明記する必要はほぼなくなっている。

 3DグラフィックスアクセラレータはDirectX Graphics(Direct3D)やOpenGLといったAPIに対応することによってアクセラレーション機能を利用できるようになっており、アプリケーションがこれらのAPIを使用して3D描画を行ったときに、3D部分の演算をグラフィックスアクセラレータが行なうことになる。

 3Dグラフィックスアクセラレータの機能は、特にDirectXの機能拡張とともに拡大する傾向にあり、DirectXで新しくサポートされた機能を使用するアプリケーションでは、3Dグラフィックスアクセラレータの世代間性能差が極端に顕在化するようになってきている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]