編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

3in1モデル

用語の解説

3in1モデルとは

(スリーインワン モデル,3in1機,3in1レコーダー,3in1 model,)
3in1モデルとは、ビデオ録画・再生機器の中でも、DVD/HDDレコーダーにVHSの録画再生機能が搭載されたタイプの製品の総称である。
すでに録画方式の主流となりつつあるDVDレコーダー・HDDビデオレコーダーに、それまで長らく主流であったVHS方式を改めて搭載したものである。 この3in1モデルが2005年序盤・中盤ごろなって大きく注目を浴びている。 3in1モデルの利点としては、第一に、これまでに録りためられたVHSテープを従来通りに視聴することが可能であるという点が挙げられる。 3in1モデルが一台あれば、最新のDVDなどはもちろん、古いVHSデッキに頼ることなく昔の好きなビデオテープを観ることができる。 また第二に、煩雑な配線によって外部入力を導入することなくVHSからDVDやHDDに映像をダビングすることができるという点も挙げられる。 確実に劣化するビデオテープから、長期的に保存可能な光・磁気式の記憶媒体へと、簡単な操作によって移植することができる。 3in1モデルが現在注目されている主な理由には、これまでの難点であった価格の高さが、2005年序盤ごろから徐々にDVD搭載HDDビデオレコーダーと同程度の価格帯にまで下がってきたという要因がある。 代表的な3in1モデル機には東芝の「RD-XV44」やシャープの「DV-HRW50」などがあるが、これらはいずれもDVD/HDDビデオレコーダー全体の販売台数シェアでトップに輝いた実績がある。 2005年10月には、東芝から「簡単さ」に特化して設計された3in1モデル「カンタロウ」が発売される。 ちなみに、現在市販されているビデオレコーダーは、DVDビデオレコーダーやHDDビデオレコーダー、DVDドライブにHDDが付いたDVD/HDDビデオレコーダー、あるいはDVDレコーダーにVHSが搭載されたVHS/DVDレコーダーなどがある。 次世代のビデオレコーダーとしては、ブルーレイディスクを媒体とする「ブルーレイレコーダー」などがあり、今後の普及が期待されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]