編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

4サイクル方式

用語の解説

4サイクル方式とは

(4サイクルホウシキ)

 カラーレーザープリンタの印刷方式の一種で、1色ずつ4回の印刷工程を繰り返して印刷を行なう方式。

 カラー印刷はCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の4色のトナーを組み合わせて色を再現するが、4サイクル方式では各色のドラムが回転式の装置に収まっており、1色印刷すると回転して次の色を印刷するという工程を4回繰り返し、すべての色を印刷する。 感光系が一つで済むため、装置全体を小型化・低価格化できるが、4回印刷を繰り返すため印刷速度は遅い。 また、一つの感光系ですべての色を印刷するため、複数の感光系で印刷する際に問題となる色ズレが起きにくいという利点もある。

 これに対し、各色のドラムを横に並べ、それぞれに感光系を用意して一気に印刷する方式を「タンデム方式」あるいは「シングルパスカラー方式」という。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]