編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

4.3BSD Net/2

用語の解説

4.3BSD Net/2とは

(4.3BSDNet/2)

 カリフォルニア大学バークリー校で開発された、UNIX互換OS。

1991年に公開された。

 BSDはAT&T社の技術を元にして成立したOSだったが、4.3BSDからAT&T社関連の技術を使用している部分を取り除き、ネットワーク経由での自由配布を可能にしたものが4.3BSD Netシリーズである。

 4.3BSD Net/2をベースにしたOSは多く、PC-UNIXの先駆けとなる386BSDや、現在は商用OSとしてリリースされているBSD/OSが、4.3BSD Net/2から枝分かれしている。 このうち386BSDからはBSD系OSとして有名なFreeBSDやNetBSDが枝分かれするなどしており、4.3BSD Net/2は現在のBSD系OSの源流ともいえるOSとなっている。

 ちなみに、4.3BSD Net/2はリリース後の訴訟でライセンスが必要な部分が残っていたことが判明したため、現在のBSD系OSは4.3BSD Net/2のバージョンアップ版に相当する4.4BSD-Liteシリーズをベースとしたものに移行している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]