編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

4.4BSD

用語の解説

4.4BSDとは

(ヨンテンヨンビーエスディー)
4.4BSDとは、4.4BSDとは、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)により1994年に開発されたBSD系OSである。
旧バージョンの4.3BSD NET/2はAT&T由来のコードを取り除くことで、従来のBSDが持つAT&Tのライセンス問題を回避したはずだったが、AT&Tの一部門であるUnix system Laboratories(USL)よりAT&Tのライセンスが必要なコードが未だ存在するとして1992年に訴えられ、公開は中止となった。 同年NovellによるUSLの買収があり、翌1993年に本訴訟の和解が成立した。 その後は開発が再開され、AT&Tのライセンスを含む4.4BSD-Encumbereと含まない4.4BSD-Liteの2種類がある。 なお、4.4BSDをもってUCBでの開発は終了している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]