編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

40-bit WEP

用語の解説

40-bit WEPとは

(40-bitWEP)

 無線通信の暗号化技術WEPのうち、秘密鍵に40bit長のデータを使用するもの。

 実際に暗号化する際には24bit分のランダムなデータを追加して、64bitの秘密鍵として使用するため「64-bit WEP」として表記されることもある。

 WEP自体に複数の脆弱性が発見されていることもあり、Fast Packet Keying技術を導入するなどの対策を採らなければ、本気で攻撃された場合には1分も持たないだろうと言われている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]