編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

440FX

用語の解説

440FXとは

(440FX)

 Intel社が1996年5月にリリースしたチップセット。

Pentium Pro/Pentium IIに対応する。 当時はまだサーバ用途に留まっていたPentium Proを普及させるべく、Pentium Pro対応廉価型チップセット(それでもハイエンドに位置する)として登場した。 66MHzまでのFSBに対応し、デュアルプロセッサ環境を構築できる。 最大1GBまでのEDO DRAM/FPM DRAMを搭載可能(ECC対応)。 ACPIやATA/33、およびAGPにはまだ対応していないが、USBコントローラを1個搭載(2ポート)している。 440FXはPentium Pro対応チップセットとしては廉価であったために比較的広く利用されたが、1997年8月に後継の440LXがリリースされ、現役を退いた。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]