64ビットアドレッシング

用語の解説

64ビットアドレッシングとは

(64ビットアドレッシング)

 メモリのアドレス(番地)を64ビットの値で管理するメモリ管理方式。

64ビットマイクロプロセッサ、64ビットOSで使われる方式。 2の64乗バイト、すなわち16EB(エクサバイト)(=約170億GB)までの領域をいっぺんに管理することができる。 このような天文学的な大容量の物理メモリを搭載したシステムは存在せず、また今後も当分は登場しそうにないため、現在考えられる範囲では事実上無限の容量のメモリをいっぺんに管理できることになる。 32ビットアドレッシングでは4GBまでのメモリしか扱えないため、大規模システムでの需要が増大している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]