64ビットアプリケーション

用語の解説

64ビットアプリケーションとは

(64ビットアプリケーション)

 64ビットマイクロプロセッサや64ビットOS上で動作するよう設計されたアプリケーションソフト。

 16EB(16エクサバイト:約172億GB)という広大なメモリアドレス空間を一挙に管理でき、大量のデータを扱う企業の基幹システムなどで特に効果を発揮する。

 しかし、現時点では対応するマイクロプロセッサが高価なこともあり、64ビットアプリケーションの利用は高性能ワークステーションやミッドレンジ以上のサーバでの利用にとどまっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]