編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

64ビット

用語の解説

64ビットとは

(64ビット)
CPUが1度に処理可能なビット数が64ビットであるということ。
CPUは、4ビット、8ビット、16ビット、32ビット、64ビットと進化してきた。 一般に、ビット数が増えるほど処理能力が向上し、扱えるメモリアドレスが増える。 米Intel製CPUの例では、8ビットが8080、16ビットが8086、32ビットが80386、64ビットが米Hewlett-Packardと共同開発したItanium 2(IA-64)である。 企業ユーザーから見た32ビットと64ビットの一番大きな違いは、64ビット化により、32ビットのメモリアドレス空間の最大値である4Gバイトの壁を超えられる点である。 大容量のデータを扱うデータベース・サーバなどの用途で、4Gバイトを超えるメモリを扱えるメリットは大きい。 こうした需要から、米IntelはItanium 2のほかに、EM64T(Extended Memory 64 Technology)と呼ぶ64ビット拡張を施したPentium 4とXeonを用意した。 64ビットの恩恵を得るためには、CPUに加えてOSや業務アプリケーションなどのソフトウェアも、64ビットを意識する必要がある。

  powered by. ZDNet Japan

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]