68000

用語の解説

68000とは

(68000)

 Motorola社の16ビットマイクロプロセッサ(MPU)。

正式にはMC68000という。 1979年に発表され、パソコンのCPUとして、Apple社のMacintoshやシャープのX68000に採用された。 16ビットMPUながら、32ビットへの移行を考慮して内部レジスタは32ビット長になっている。 アドレスバスが24ビットであるため、16MBの物理メモリに直接アクセスすることができ、プログラマの間では評価の高いMPUであった。 後継プロセッサにはMC68010、MC68020、MC68030、MC68040、MC68060などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]