編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ADO.NET

用語の解説

ADO.NETとは

(ADO.NET)

 Microsoft社が提供する、Microsoft .NET環境でデータベースアクセスを行なうための基盤となるソフトウェア。

従来のADOを.NET環境に特化するよう進化させたもので、これを利用すると.NET環境で簡単にデータベースにアクセスすることができる。

 ADOとの大きな違いとしては、データベースから引き出したデータを自身のメモリ上に保存しておく「非同期データセット」を、最初から利用可能なように設計されていることがある。

 ADO.NETが直接に操作するのはこのデータセットだが、これはメモリ上にあるため高速に処理することができ、処理中にデータベースサーバと接続し続ける必要もなくなる。

 また、データ転送形式にXMLを採用しているため、他の環境との相互運用性も高くなっている。 従来のADOの特徴であった言語独立性などは引き継ぎ、さらに.NETでホストされるあらゆる環境から利用可能なよう拡張されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]