編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ADSL

用語の解説

ADSLとは

(ADSL)

 電話の音声を伝えるのには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なう、xDSL技術の一種。

一般の電話に使われている、1対の電話線を使って通信する。

 「非対称(asymmetric)」の名の通り、ダウンロードに使う電話局→利用者方向(下り)の通信速度は最高1.5~12Mbps、アップロードに使う利用者→電話局方向(上り)の通信速度は0.5~1Mbps程度と、通信方向によって最高速度が違っている。

 ADSLが使っている周波数帯は電気信号の劣化が激しいため、ADSLを利用できるのは電話線の長さがおよそ6~7kmまでの電話回線に限られる。 また、ADSLを利用できる電話回線でも、実際の通信速度は回線の距離や質に大きく影響される。

 ADSLはxDSL技術の中で最初に実用化されたもので、既に一般家庭に広く普及している電話線を使うために手間がかからず、しかも一般家庭でも利用できる料金で高速なインターネット接続環境を提供できる技術として急速に普及した。

 ADSLはまずアメリカで普及が始まったが、日本では電話回線を管理するNTT東日本・西日本がISDNとの混信を理由としてADSLに難色を示していた。 そして、NTT地域会社はADSL接続に必須となるMDF(主配電盤)での相互接続をADSL事業者になかなか許可せず、これが原因で実用化が遅れていた。

 しかし、1999年12月にNTT地域会社がMDFでの相互接続を認め、東京めたりっく通信やNTT-MEなどが首都圏の数ヶ所の電話局に収容されている電話回線を対象に、限定的ながら商用サービスを開始した。 この流れを受けて、2000年には全国の電話局を対象にした本格商用サービスが通信事業者各社によって開始され、ADSLに消極的だったNTT地域会社も、2000年12月に商用サービス(フレッツ・ADSL)を開始した。

 国内では当初G.992.2(G.lite)規格による1.5Mbpsサービスが主流だったが、Yahoo! BBがG.992.1(G.dmt)規格による8Mbpsサービスを2001年8月に開始。 これに追随する形で他社も続々と8Mbpsサービスを開始し、猛烈な勢いで8Mbpsサービスの普及も進むことになった。

 また、2002年9月以降、G.992.1規格を独自に拡張して12Mbpsのサービスを行なうADSL事業者も現れ、競争の少ない通信分野としては珍しく、事業者間のサービス競争が白熱している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]