編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AMD64

用語の解説

AMD64とは

(AMD64)

 AMD社のマイクロプロセッサに搭載された、x86命令を64ビット幅のデータやメモリアドレスに対応できるよう拡張した命令セット。

Opteronシリーズ、Athlon 64シリーズなどに組み込まれている。

 x86命令セットは、もともと、Intel社の80x86シリーズのマイクロプロセッサに採用されていた命令セットで、現在の仕様はi386から導入された32ビット対応のものである。 Intel社は64ビットのマイクロプロセッサを設計するに当たり、一から命令セットを定義し直し、Hewlett-Packard社と共同でまったく新しい(従来と互換性のない)「IA-64」アーキテクチャを開発した。

 これはまったく新しい設計であるため、既存のソフトウェアを動作させるには32ビット命令を64ビット命令に変換する必要があり、変換にかかる処理の分、32ビットプロセッサよりも動作速度が劣ってしまうと言われている。

 これに対し、Intel社の競合プロセッサメーカーであるAMD社は、既存のソフトウェア資産を有効活用できるアプローチとして、独自のx86-64アーキテクチャを開発した。 これは、x86命令セット引き継ぎつつ64ビットへの拡張を行なうもので、64ビットに拡張されたソフトウェアは高速に、32ビットのソフトウェアも従来に劣らぬ速度で実行することができる。

 x86-64では、64ビット幅のデータなどを扱える「Long Mode」と、32ビット幅のデータを扱う「Legacy Mode」の2種類の動作モードが用意されている。 64ビット拡張機能を使用する場合は、OSレベルでマイクロプロセッサのモードをLong Modeに変更する。 Legacy Modeは従来のx86命令セットと完全互換のモードである。

 マイクロプロセッサがLong Modeで動作している時は、マイクロプロセッサは64ビットコードと32ビットコードの両方を実行できるようになるため、64ビットベースで書かれたプログラムから32ビットベースのライブラリを呼び出して実行する、といったことも可能である。

 「x86-64」という名称は、搭載プロセッサの正式リリースに伴って「AMD64」に変更された。 その後、Intel社もAMD64互換の64ビット機能「Extension Memory 64 Technology」(EM64T)の提供を発表している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]