編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ASV液晶

用語の解説

ASV液晶とは

(ASVエキショウ)

 2000年にシャープが開発したTFT液晶ディスプレイの方式の一つで、液晶分子の配向を工夫し駆動信号を改良することで、より広い視野角と優れた応答性を実現した方式。

同社の「AQUOS」シリーズの液晶テレビに採用されている。 また、派生技術である「モバイルASV液晶」が同社製の携帯電話に採用されている。

 液晶分子をパネル面と垂直に並べ、スイッチを入れたときに花火のように全方位に傾斜させることで、どの方向から見ても同じように見えるようになっている。 従来の液晶パネルはすべての液晶分子が同じ方向を向くため、見る角度によって見え方が変わり、せいぜい上下40度、左右90度程度の範囲でしか見ることができなかったが、ASV液晶パネルは上下左右ともに170度と、ほとんどどのような角度から覗き込んでも見ることができ、角度による階調の反転や色の変化もほとんど起こらない。

 また、液晶のオンとオフを制御する駆動信号を改良することで従来の2倍近い25ミリ秒の高速応答を実現し、動きの激しい動画を再生しても残像などが残らないようになった。 スイッチがオフの時に光が透過しない(画面が黒い)状態となる「ノーマリーブラック」型のパネルになっており、コントラスト比350:1という鮮明な表示が可能。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]