編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ATA

用語の解説

ATAとは

(エーティーエー,)
ATAとは、コンピュータとハードディスク(HDD)などを接続するためのインターフェース規格のうち、IDE規格をベースにアメリカ規格協会(ANSI)が標準規格として策定した規格のことである。
1980年代終盤、HDDを接続するインターフェースとしてはIDEがすでに事実上の標準(デファクトスタンダード)となっていた。 ANSIによって標準規格が定義され、どのHDDメーカーでも仕様に差が生じないようにされた。 ATAは1994年に規格化され、後に登場したエンハンストIDE(EIDE)を規格化したATA-2や、ATA-2の拡張版となるATA-3、HDDだけでなくCD-ROMなどを扱うことが可能となったATAPI(ATA-4)などが標準化されている。 ATA-2やATAPIなどを含む総称としてATAと呼ぶ場合も多く、最初に規格化されたATAは便宜上ATA-1と呼ばれることが多い。 また、従来のATAがパラレル転送方式であったのに対してシリアル転送方式が採用されたATA規格も登場しており、特にシリアルATA(SATA)と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]