編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ATRAC

用語の解説

ATRACとは

(ATRAC)

 MDなどに採用されている、ソニーが開発した音声圧縮技術。

MDの登場とともに1992年から使われている。

 圧縮後のデータ量は、CD並みの音質ならCDの5分の1程度になる。 このため、容量が約140MBのMDでもCD1枚分の楽曲を記録することができる。

 MP3と同様に、技術革新に伴って圧縮・再生方式に改良が加えられているが、データの互換性は保持されている(組み合わせによっては再生時に若干音質が落ちる場合もある)。

 ATRACでは、音声信号を帯域分割フィルタで4つの周波数帯域に分割する。 その後、Modified DCT(変形離散コサイン変換)により時間ベースのデータ列から周波数ベースのデータ列に変換し、圧縮符号化する。

 その際、人間の聴覚の特性を利用して、聞こえにくい成分や大きな音の前後のデータを間引くことにより、音質を損なうことなく符号化するデータの量を減らしている。

 これらの原理の基礎は、その後登場したMP3などの音声圧縮と同じである。

 ソニーなどの音楽配信に使用されているATRAC3はATRACを改良した技術だが、データに互換性はない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]