Adobe Fireworks

用語の解説

Adobe Fireworksとは

(アドビファイアーワークス,Fireworks,ファイアーワークス,)
Adobe Fireworksとは、Adobe Systemsが販売している、Webデザインに使用する画像を作成するためのグラフィックスソフトの名称である。
Adobe Fireworksでは、GIF形式やPNG形式、またはTIFFといった、Web上でよく利用される画像形式で、Webサイトのユーザーインターフェースを構成するイメージ部品を作成することができる。 基本的なデザインからプロトタイプの作成、イメージの出力といった一連の操作をAdobe Fireworksで行うことが可能であり、従来は複数のアプリケーションを使い分けて完遂されていた作業が一括できるようになっている。 Adobe Fireworksの主な特徴として、Webサイトのパーツ作成に有効なエフェクトを豊富に備えている点や、複数のレイヤーをサポートしており、複数のページ間でレイヤーの共有などを図ることができる点、ベクタグラフィックスとビットマップグラフィックスを同時に編集することが可能である点などを挙げることができる。 また、Adobe Systemsが提供している他のソフトウェアとの密接な連携が可能である。 例えば、あらかじめIllustratorで作成されていたデータをAdobe Fireworksに読み込み、Web向けに最適化して、WebオーサリングツールであるAdobe Dreamweaverに出力するといったことが可能である。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]