編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AirMac

用語の解説

AirMacとは

(AirMac)

 Apple社が同社のMacintoshシリーズ向けに提供している、無線LAN技術・機器の総称。

 アメリカ本国で発表されたときは「AirPort」と呼ばれていたが、日本では既に他社がこの名称を商標出願していたため、日本でのみ「AirMac」と名称変更された。

 現在も日本以外では「AirPort」という名称が使用されているが、基本的には同じものである(各国の電波法制の違いなどに応じて仕様は若干違う)。

 AirMacを構成している製品は、Macintosh用の無線LANカード(AirMacカード)と、ダイヤルアップルータ機能を持つステーション(AirMacベースステーション)の2つ。

 1台のAirMacベースステーションには最大50台までのクライアントが接続できる。 ベースステーションはファイアウォール機能、暗号化通信機能、ユーザ認証機能など、無線LANに必要な機能を一通り備えている。

 AirMacが使用しているプロトコルは無線LANでは最も一般的なIEEE 802.11bのため、Mac OS以外のOSからもAirMacネットワークに接続できる。 ただし、AirMacベースステーションの設定にはMac OSが必須となっている。

 ちなみに、ベースステーションがない場合でも、AirMac対応クライアント同士での直結通信は可能。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]