編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Apple Studio Display

用語の解説

Apple Studio Displayとは

(アップルスタジオディスプレイ)
Apple Studio Displayとは、AppleのMacintosh向けディスプレイとして1998年に初めて登場したディスプレイの名称である。
Apple Studio Displayは、発表当初はCRTディスプレイを搭載したモデルとして発表された。 後に液晶ディスプレイを採用したモデルが開発されている。 21インチ、17インチ、15インチの各モデルがあり、21インチモデルは国内では未発売だった。 Apple Studio Displayの画面のアスペクト比は、アナログテレビと同じ4:3であった。 ちなみに、Apple Studio Displayの後に登場し、2008年現在の純正ディスプレイとなっている「Apple Cinema Display」では、16:10のアスペクト比が採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]