編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Apple

用語の解説

Appleとは

(アップル,Apple, Inc.,Apple Computer,アップルコンピュータ,)
Appleとは、Apple II、MacintoshなどのパーソナルコンピュータやiPodなどの発売元として知られるコンピュータメーカーの名称である。
米国カリフォルニア州に本社がある。 Appleは、1976年に開発された「AppleⅠ」をきっかけに1977年に法人化された。 創立者は、初代Appleの開発を進めたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、そして資金の提供をしたマイク・マークラの3人である。 社名は設立以来「Apple Computer, Inc」を名乗っていたが、2007年1月に「Apple, Inc」と変更している。 日本法人は「アップルジャパン株式会社」である。 Appleの製品は、独特の個性および芸術性と機能性を両立した高度なデザインを持つことで知られている。 初期の「Apple I」、「Apple II」はホビーユーザーを中心に多くの顧客を獲得した。 次に開発された「Macintosh」シリーズは1984年に派手なテレビコマーシャルとともに発表された。 MacintoshはGUIやマウスといった先進的なユーザーインターフェースを持ち、筐体を含むあらゆる面にこだわっており、高い評価と幅広いユーザーを獲得した。 同社は周辺機器においても、レーザープリンタを発売し、DTP分野の普及に貢献している。 また、1992年にPDA(携帯情報端末)であるNewtonを発表するなど、新分野においても積極的な開発を行ってきた。 また2001年には携帯音楽プレーヤー「iPod」を発表し、音楽配信事業に乗り出している。 2003年には、デジタル携帯音楽プレーヤ分野では首位を占めるようになった。 創業者であるスティーブ・ジョブズは、強いカリスマ的な個性と巧妙なプレゼンテーションで知られる。 しかし、経営については自分よりも他に適任者がいるとの考えから、1983年にペプシコーラからジョン・スカリーを引き入れ社長の座につけた。 しかしスカリーはApple低迷の原因がスティーブ・ジョブズにあると考え、追放してしまう。 スティーブ・ジョブズはその後所有株の売却益をもとにNeXT社を創立した。 同社はMacintoshシリーズでは独自のOSを開発しつづけたが、1990年代にはほころびが見え始め、System 7あたりになると限界が見えるようになった。 次期OSの候補の中に、スティーブ・ジョブズのNeXT社が開発したOpenStepがあったため、Appleは1997年にNeXT社を買収した。 これがきっかけとなり、スティーブ・ジョブズは非常勤顧問としてAppleに復帰し、後にCEOに就任した。 2008年現在も、AppleはiPod touchやMacBook Airなどの斬新な製品を発表し、世の注目を集めて続けている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]