編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

AuthXML

用語の解説

AuthXMLとは

(AuthXML)

 認証情報を扱うXMLベースの言語の一つ。

作成者の署名や認証情報、ユーザプロファイルやセッション情報などについて、複数の組織間で認証するための標準手法を確立する目的で開発された規格である。 この規格を用いれば、複数のWebサイト間を移動しながら取引を行なう顧客を特定し、認証することができるようになる。 一方、ユーザ側では、一回サインオンすれば、複数のオンラインショップに安全にアクセスできるようになる。 AuthXMLの概要は、2000年11月に、Securant Technologies社により発表された。 なお同社は、2001年9月にRSA Security社に買収された。 同様の目的に基づいた別のセキュリティ標準規格として、S2MLがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]