AutoMDI/MDI-X

用語の解説

AutoMDI/MDI-Xとは

(オートエムディーアイエムディーアイエックス,AutoMDI-X,)
AutoMDI/MDI-Xとは、通信している相手のポートが、MDIかMDI-Xかを自動判別して、それに見合った方法で接続する機能のことである。
ブロードバンドルータやスイッチングハブにこの機能が備わっている。 Ethernet関連の機器のコネクタの差込口には、端子の送受信の方式違いによって、「MDI」と「MDI-X」の2種類の規格に分類される。 MDIとMDI-Xは、ちょうど送信と受信が逆に配置される構造になっている。 MDIとMDI-Xの接続には、データを送る側と受ける側の役割が固定している「ストレートケーブル」と用いるが、MDIとMDI、あるいはMDI-XとMDI-Xといった同種類の機器どうしの接続には「クロスケーブル」と呼ばれるケーブルを用いなければならない。 しかし、AutoMDI/MDI-Xの技術によって、ハブがこの違いを自動的に認識して吸収することが可能となった。 従来は、コンピュータとハブなどをつなぐ際と、ハブ同士でカスケード接続を行なうときとでは、ケーブルの違いに気を遣わなくてはならなかった。 AutoMDI/MDI-X技術に対応するハブなどを用いることによって、ケーブルの差という煩雑さを解消することができるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]