編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

B to G

用語の解説

B to Gとは

(ビートゥージー,B2G,)
B2Gとは、商取引の形態のひとつで、企業が政府や自治体(Government)との間で行なう電子商取引のことである。
特に電子商取引(eコマース)の分類として用いられることが多い呼び方である。 自治体において業務の電子化が積極的に推進されはじめ、公共事業の発注や事務用品の調達、システムなどにも電子システム化が導入されるケースが増えてきている。 公共事業の発注に電子入札制度が導入されたり、資材の調達が電子商取引(eコマース)で行わたりする。 公的機関は通信インフラにおいても、霞ヶ関WANやLGWAN(行政総合ネットワーク)のような設備の整備が進んだ。 今では一般企業に勝るとも劣らないほど、導入が進んでいるといえる。 なお、B to Eのような電子商取引の形態としては、企業と企業との取引である「B to B」や、企業と一般の消費者の取引である「B to C」、あるいは一般消費者同士で行われる取引である「C to C」、あるいは企業と提携先企業の従業員(Employee)との間で行われる取引「B to E」などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]