編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BD-R LTH TYPE

用語の解説

BD-R LTH TYPEとは

(ビーディーアールエルティーエイチタイプ,BD-R LTHタイプ,LTHタイプ,LTH TYPE,LTH,)
BD-R LTH TYPEとは、BD-Rのメディアのうち、記録層を形成する材料として有機材料を用いており、記録面の反射率の高低を従来方式と反転させた状態になっているメディアのことである。
従来のBlu-ray Discのメディアは、記録層の素材に金属などの無機色素が使用されており、データが未記録の状態では反射率が高い状態で、記録により反射率が低い状態に変化するようになっていた。 BD-R LTH TYPEでは、データ未記録の状態では反射率が低く、記録によって反射率を高める方式が採用されている。 BD-R LTH TYPEの「LTH」は、「Low to High」の略称である。 LTHに対して、従来のBD-Rの方式はHTL(High to Low)タイプと呼ばれる。 BD-R LTH TYPEは、従来のBD-R(HTLタイプ)と記録方式が異なるため、従来のブルーレイドライブでは再生できないが、有機素材は無機素材と比べて低コストである点や、同じく有機素材を採用しているCDやDVDの製造ラインを転用しやすくなる点などから、BD-Rメディアの低価格化を促進することが期待されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]