編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BD-R XL

用語の解説

BD-R XLとは

(ブルーレイディスクR XL)
BD-R XLとは、BDA(Blu-ray Discアソシエーション)が策定したBlu-ray Discの大容量化規格「BDXL」に準拠した、追記型(ライトワンス型)の記憶メディアである。
BD-R XLでは、記録層が3層、および4層で構成されている。 3層のタイプでは100GB、4層のものは128GBの記憶容量を実現することが可能となっている。 2011年1月現在、TDKなどから製品が発売されている。 BD-R XLは従来の(1~2層タイプの)Blu-ray Disc向け機器(ブルーレイドライブ)では認識できないため、読み書きするためには専用の機器が必要となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]