編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BHCA

用語の解説

BHCAとは

(ビーエイチシーエー,最繁時呼数,最繁時発呼数,)
BHCAとは、電話網が最も混雑する時間帯(busy hour)における回線呼び出し(call)の回数の総量のことである。
主に基幹システムの電話利用状況(アクセスの量)を示したり、業務用回線交換機の性能を指し示す際の指標として用いられる。 BHCAでは実際に受話された呼び出しに加えて受話されなかった呼び出し(attempt)も数え上げられる。 BHCAの性能が高いほど、電話システムは円滑に運用される。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]