編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

BURN-Proof

用語の解説

BURN-Proofとは

(バーンプルーフ)
BURN-Proofとは、CD-RやCD-RWなどのメディアへデータを書き込む際に発生するバッファアンダーランと呼ばれるエラーを防ぐ技術のことである。
1999年に三洋電機によって開発された。 バッファアンダーランは、CD-RやCD-RWにデータを書き込む際にバッファのデータ転送が途切れてしまうことによって、書き込むデータがない状態で書き込みが続けられようとし、エラーとなる現象である。 これによって書き込みに失敗したCD-RやCD-RWは、メディアのデータ構造が破壊され、二度と使用できなくなる。 BURN-Proofでは、バッファに蓄えられた転送データが少なくなった段階で、書き込み作業を一時停止できるようになっている。 このとき停止位置を記憶しておくことで、停止位置から書き込みを再開し、途切れのない書き込みができるようになっている。 BURN-Proofと同様の技術としては、リコーが開発したJustLinkや、ヤマハが開発したSafeBurnなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]