Baby-AT

用語の解説

Baby-ATとは

(ベビーエーティ,ベビーAT,Baby AT仕様,)
Baby-ATとは、AT互換機におけるマザーボードの規格のひとつで、IMBのPC/ATのマザーボードの規格(AT仕様)を基に小型化を図った仕様のことである。
Baby-ATは、AT仕様のマザーボード仕様に比べても幅が小さいことを特長とする。 AT仕様のマザーボードは12インチ×13インチだったのに対し、ベビーATは8.5インチ×13インチ(216mm×330mm)に設計されている。 パソコンに装着するためのネジの位置などは元の位置を保っているため、従来のパソコンに据え付けることができる。 ベビーATは1998年ごろまで盛んに用いられてきたが、最近ではIntelの標準的マザーボード規格であるATX仕様が普及しているために、Baby AT仕様の用いられる機会も減っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]