CD-RW

用語の解説

CD-RWとは

(シーディーアールダブリュー,)
CD-RWとは、CD(コンパクトディスク)の規格のうち、書き込んだデータを消去し、再度書き込みを行うことができる規格のことである。
1996年に発表された。 CD-RWは、相変化記録方式を利用してデータの書き込みを行う。 このため、書き込みを行うには対応したドライブ(CD-RWドライブ)が必要となる。 CD-RWからのデータの読み出しは、一般的なCD-ROMドライブでもできる。 ただし、一部の古いCD-ROMドライブはCD-RWを正しく読み出せない場合もある。 これはCD-RWのディスクの光反射率が相対的に低いためである。 最近のDVDドライブやブルーレイドライブは、CD-RWの書き込みにも対応している場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    風向きが変わった「Microsoft 365」のデータ保護戦略、最適なバックアップ対策の進め方

  2. セキュリティ

    2023年のサイバー脅威予測!注目すべき新たな攻撃トレンド「CaaS」という恐るべきビジネスモデル

  3. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  4. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  5. 経営

    「脱PPAP」で三井ホームが導入、先進機能が統合されたメールセキュリティ対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]