CMYK

用語の解説

CMYKとは

(シーエムワイケー,CMYKカラーモデル,プロセスカラー,)
CMYKとは、色の表現方式で用いられる、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、黒(Black)の4色の組み合わせのことである。
CMYKにおけるCMYの3色は、減法混色の理論に基づき、配分を調整して混ぜ合わせることによってあらゆる色の表現を実現する。 黒色も理論的には表現可能であるが、実際の印刷物上でCMYから充分な黒色を生み出すことは困難であるため、特に黒色を加えて色の表現を行っている。 減法混色は反射光によって色を表す組み合わせである。 そのため、減法混色の理論によるCMYKの組み合わせはもっぱら印刷物などで採用されている。 減法混色に対して、発光によって色を表現する色の組み合わせは、加法混色と呼ばれる。 加法混色としてはRGBがある。 RGBは、PCのディスプレイやデジタルカメラでの色表現にが採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]