COG

用語の解説

COGとは

(チップオングラス,)
COGとは、液晶パネルのガラス基板などに、半導体集積回路(LSI)を直接搭載する実装方法のことである。
COGによってLSIを搭載する基板が省略され、結果として部品の小型化や薄型化が可能となる。 COGは携帯電話などのような小型電子機器などで多く利用されている。 COGと同様の技術として、配線に用いられるポリイミドのフィルム状基板にLSIを実装するCOF(Chip On Film)と呼ばれる実装技術などもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]