CPPM

用語の解説

CPPMとは

(Content Protection for Prerecorded Media)
CPPMとは、DVDなどの光ディスク型記録メディアで採用されている、再生専用ディスク向けの著作権保護技術のことである。
IBM、Intel、東芝、松下電器産業で結成された4C Entityによって策定された。 CPPMではコンテンツが暗号化されて収録されている。 記録メディアには「MKB」(Media Key Block)と呼ばれる暗号鍵が、同じくオーディオ機器やPCの再生用ソフトウェアなどに「機器鍵」(デバイスキー)と呼ばれる暗号鍵が用意されており、MKBと機器鍵がそろうとコンテンツの暗号化が解除できるようになる。 このMKBと機器鍵は合わせて「メディア鍵」と呼ばれいる。 また、メディア鍵に加えて、それぞれのアルバムごとに内容の異なる「アルバムID」と、複製の可不可などの情報が記録された「CCI」(Copy Control Information)と呼ばれる情報がメディアに記録されている。 メディア鍵(MKB・機器鍵)、アルバムID、CCIのすべてが適正な内容となって初めてコンテンツの再生が可能になる。 CPPMにおけるMKBやアルバムIDは、メディア内でデータの開始位置を記録しているリードイン領域に記録されている。 リードインは通常は複製できない領域であるため、コンテンツが違法にコピーされても、コピーされたメディアには暗号鍵が足りないため再生することはできない。 CPPMは再生専用メディア用の著作権保護技術であり、書き換え可能メディア用には「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)と呼ばれる著作権保護技術が提供されている。 CPRMの原理はCPPMと同様であるが、さらにメディアごとに異なる固有のID情報が追加される。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]