編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Canonical XML

用語の解説

Canonical XMLとは

(カノニカルエックスエムエル,XML Canonicalization,XML正規化,XML-C14N,)
Canonical XMLとは、マークアップ言語であるXMLにおいて表記を統一するために用いられる記法のことである。
「正規化されたXML文書」という意味を持つ。 W3Cによって策定された。 XMLは、同じ内容を記述する際にある程度の異なる記述法を行っても差異を吸収できる余裕をもっており、出力された結果を見て同一の内容と判断されるようなXMLの記述も、コードのレベルでは異なる文字列から構成されるている場合がある。 具体的には、ソースコードに改行が含まれていたりいなかったり、文字列が異なる文字コードで書かれていたり(あるいは実体参照で指定されていたり)すると、結果として出力される内容は同じでもXMLの記述そのものは別物と判断される。 XML文書の暗号化などを行う際には、このような表記にゆれによって暗号照会が失敗する恐れがある。 そのため、XMLによる電子署名などを利用する際には、Canonical XMLによって表記を統一する必要がある。 余談だが、W3Cがオンラインで公開しているCanonical XMLの勧告文書のURIはhttp://www.w3.org/TR/xml-c14nとなっている。 この「c14n」とは「XML Canonicalization」(Cとnとの間に14文字)の意味である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]