Content Management Server

用語の解説

Content Management Serverとは

(コンテンツマネージメントサーバー,Microsoft Content Management Server,Microsoft CMS,MCMS,)
Content Management Serverとは、Microsoftが販売している、Web向けのコンテンツ管理システム(CMS)の名称である。
Content Management Serverでは、Webサイトの構築や管理、Webコンテンツの作成、配信などを行うことができる。 Webサイトの作成や保守、更新などにかかる一連の作業を効率化し、管理体制の向上や運営コストの削減を図ることができる。 Web技術を採用しているイントラネットやエクストラネットにおいても、インターネット上のWebサイトと同様に機能させることが可能である。 また、Visual Studio .NETやSQLServer、Microsoft Officeといった、Microsoftが提供している他の主要な製品と密接に連携可能となっている点も、Content Management Serverの特徴といえる。 Content Management Server の機能は、「Microsoft Content Management Server 2002」以降は、Microsoft Office SharePoint Serverに統合されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]