DOS/V

用語の解説

DOS/Vとは

(ドスブイ,)
DOS/Vとは、DOS(Disk Operating System)互換OSで、マルチバイト文字に対応したOSのことである。
1990年にIBMによって発表された。 DOS/VはPC/AT互換機上で動作し、日本語はじめとするマルチバイト文字をソフトウェアのレベルでサポートできるという特徴を持っていた。 DOS/Vが登場する以前は、マルチバイト文字に対応するためには(NEC PC-9800シリーズのように)ハードウェアのレベルでサポートしている必要があった。 当時、PC/AT互換機とDOSは、すでに海外でデファクトスタンダードとなりつつあり、安価で安定した製品が多数出荷されていた。 DOS/Vの登場によって日本語圏でもPC/AT互換機が利用可能になったため、国内においてもPC/AT互換機とDOSが普及するようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]