編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

EAP-TTLS

用語の解説

EAP-TTLSとは

(イーエーピーティーティーエルエス,)
EAP-TTLSとは、PPP認証で利用されるEAP認証プロトコルの一種であるTLS(Transport Layer Security)のうち、鍵暗号方式によって保護されたユーザー名/パスワード情報によって認証を行う方式のことである。
Funk SoftwareとCerticomによって共同で策定された。 一般的なTLSは(EAP-TLSとも呼ばれる)、クライアントとサーバーの間で相互に電子証明書を発行し、ともに認証を行う認証方式である。 EAP-TTLSでは、クライアント側は証明書を発行せず、その代わりにユーザ名とパスワードを用いて認証を行う。 その際、鍵暗号を用いて通信することによって盗聴などの危険性を抑えている。 EAP-TTLSには、EAP-TLSに劣らないセキュリティ性を保ちながら、個々のコンピュータに依存せずどこからでもユーザー認証を行うことができるというメリットがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]